白雲の道

[No.18]すばらしい人生

Date:2003年08月27日(火)

8月26日(火)晴れ
今日久しぶりにWさんが来た。Wさんは今年78歳になる女性で、ここに治療院を開業した時から通っている最古株だ。
彼女は都内に料亭を経営していたが、引退してこの町に安らぎを求めてやってきた。非常なほどの働き者が急に引退し、何もすることなく過ごし始めたものだから、自律神経を失調し、体調を壊し、不安神経症の中で悶々としていたらしい。
ご主人を若くして亡くし、二人の息子のために働きずくめの毎日だったようで友達も近くにはいない。そんな時私はインドから帰ったばかりで治療所は散らかり放題だ。
そんな中でWさんの治療は始まった。数ヶ月ほどして症状が少しずつ改善してきた頃Wさんは言った。
先生ここでボランティアさせて下さい。彼女の大きな目がまだ眩暈の症状が取れきれない不安感を示していたが、その眼差しは真剣だった。私はその時Wさんの内情や自分の状況が瞬間的にひとつになって理解し、お願いします。と言いたかったが、先生らしくにっこりといいですよと言った。
それからつい最近までWさんは治療費とチャラにしましょうという事も聞かずに驚くほどのパワーで働いてくれていた。
そんなWさんが2週間ぶりで涼しい朝一番でやってきたのだ。なかなか元気そうだ。最近元気は元気なんだけど身体がしんどいんですよとWさん。任せてください、まあ一休みしてから始めましょうかと私。
Wさんとは15年ほどの間に信頼と友情が力強く育っている。他に予約がなかったので良くWさんと遊んでいるタロットカードを持ち出して占ってみた。過去、現在、未来全てが今の状況にぴったりと符合し特に未来は信頼と言うカードが現状から考えてもぴったりだ。
その内容は信頼があれば崖から落ちても怪我せず、火の中にあってやけどひとつせず、水の上も歩くと言う絵が描かれている。その信頼は自分自身の信頼を意味している。
彼女は始め私のような人間を信頼し、後になり私の方が彼女から多くを学びより信頼し切ってしまうのだが、それが今、自分自身の信頼に向かっている。すばらしい人生だと思う。
タロットカードを使ってこんな遊びもした。60枚のカード一枚一枚に数字が書かれている。その数字を当てるのだ。始め当たると言うイメージをせずに行ない、次にイメージトレーニングの手法で当たるようイメージして行なう。その差を確認してつぎにいよいよ勝負する。今回は私の勝ちだ。

軽いバランス調整とヒーリングが起きるように鍼灸治療。その後Wさんもここで飲まされ続け習慣になっているコーヒーを出して雑談。と言いたいところだが、Wさんはコーヒーを飲んだが速いか治療所の方々をかたずけ始め、あっという間にすっきりきれいにしてしまった。座るまもなく暑くならないうちに帰って家で休みますといって帰っていった。その背中に勝負に負けた悔しさがちょっとだけ見え隠れしていた。そんなWさん。彼女に特大の幸せあれ。