白雲の道

[No.39]女神への決断

Date:2003年09月18日(木)

9月18日(木)天候晴れ
人は裸で生まれてくる。動物のように牙も持たず、天然で立派な毛皮もない状態で生まれてくる。動物の視点から見るとなんとみすぼらしく映る事か。
しかし,人は目には見えないが生まれながらにして持っているものが在る。それはイメージ力だ。以前イメージ力は生まれながらに持っている生得権のようなものだと書いた。そのとおりだ。わたし達は観るものとして存在しその前方にイメージ力がある。
マンモスや象は武器にも使い高い所にある食べ物を採るにも、また触れてそれが何であるかを知るためにも使える便利な道具を目の前に持っている。それはあの長い丈夫な鼻だ。それは生まれながらに持っているものだ。
それと同じようにイメージ力をわたし達は存在している前方に持っている。その力はあの鼻よりも遠く時空さえ越えて伸び、からだの中のどの部分にも届く。そんなにすごい力を持っている。しかしその事を忘れる可能性もある。
生まれて数年の内に身につける能力はすごいものがあるが,初めから言葉があったわけではないのだから,辞書を引いて覚えたわけではないし,ノートを取ったわけでもない。これはイメージの展開だ。それをもう一度取り戻す。
今日の午後、あの元気のいいスポーツウーマンHさんがやって来た。
軽いバランス治療とイメージトレーニングをした後雑談。
先生はいつも朝何時に起きます?私は最近夜遅いから9時過ぎだ。そうですか随分遅いですね。身体に良くないですよ。わたし,最近朝5時に起きて江戸川沿いの河川敷を散歩しているんですよとHさん。
それはすごいね,きっと気持ちいいだろうね。彼女の血色はもともといいのだが,最近は元気印が顔にもくっきり出ている。
わたし,河川敷を歩いていてちょっと驚きました。と言うのはけっこう人が多いんです。何人かは出会うたびにおはよっすと声をかけてくれるんですよ。それは気分いいだろうな。人ごみの中で足早に通り過ぎる都会とは別世界だ。
私も今度がんばって行ってみようかな。是非お勧めします。私もこれからも続けようと思っています。
先生、わたし最近変わりましたよ。どんなふうに?うまく言えないけど自分の人生全体が面白く見えてきた感じ。それはすごいね。前にも言った事がありますがちょっと引きこもりのところがあったんです。それじゃ今,引きこもりの人たちの気持ち分かるだろうな。すっごく分かりますとHさん。
そうだ日誌読んでる?読みたいんですが家にパソコンないんです。そうだった。じゃ読ましてあげようと誇らしげにパソコン画面を見せ,精神関係の架空の人が出ているいくつか読んであげた。中でも2日前のビィジョンそれは完全なる自由は気に入ったようだ。
内容はイメージトレーニングで行なっている事なので既に理解しているが,あらためて文章で読むと理解しやすいらしい。
どうだい?よく分かります。特に架空の人が何を言いたいか手に取るように分かります。そうか。じゃ、あの中の意識の深さについても分かる?
分かります。最近現状はどうあれ意図した事に焦点を合わせるのが愉しくなりました。その甲斐あってか河川敷に行って見たりして人生の切れも良くなった気がします。
それじゃ、今度はその焦点を少しずつ女神に合わせるか。前からちょっとだけその話が出てきますが,具体的にどんな事をするんですか。
それはこういう事だ。例えばこれから何十年後かに意識が遠のいていったり身動きが出来ない程の病気や事故で入院したとする。それはある意味では生まれたばかりの状態に近い。その状態でも生還できる能力を今のうちからつける。
意識が遠のいてもそんな事出来るんですか。出来る。観るものはその状態の中でも離れない。本当の目的は生まれた時に持っていた能力を大人の身体でもう一度取り戻す事だ。
私わかる気がします数年前に母親をガンで亡くしましたが,その時何も成す術がない医療や母親を見て複雑な思いでした。
彼女はちょっとした決断をしたようで戦士のように例の勢いのある笑いをして帰っていった。